婚活カウンセラーブログ

本人の気持ちが大事!でも疎かにできない親の存在

結婚相談所 ベイビーズ・ブレス Baby's breath の山田です、いつも読んで戴きありがとうございます。
知り合いの女性からの"婚活の心得"をお聞きしました。
最近の婚活の傾向として、本人でなく親の方が責任を感じて積極的に行っているケースが多くなっています。
元々は中国でそのような動きが活発でしたが、日本にもその流れがきたようです。
しかし自身で結婚相談所に登録している人は「何よりも当人同士の相性や気持ちが大事」と考えていると思います。
結婚相手を決めるのは最後は自分自身なのですから、最初から最後まで自分の目と耳で判断できるのが後悔しない一番良い方法です。
結婚生活は長いので、その途中では山もあれば谷もあります。
そんな壁にぶつかった時に「親が勧めた人にしたから」という言い訳をするような人生にしないためにも、自分で決めたと自信をもって言えるのがベストです。
ただ結婚の難しいところは、結婚生活が二人だけの世界で成り立つわけではないことです。
互いの両親の考えがあまりにも違うと不毛な争いのタネとなります。
それは結婚式の挙げ方に始まり、夫婦のライフスタイル、孫の教育など、衝突のきっかけとなりそうな要因はいくらでもあります。
「夫婦のことには口を出さないで欲しい」と言っても、気になってつい口を出してしまうのが家族というものです。
互いの親同士、あるいは嫁と姑、夫と舅が何もかも同じ意見になるということはあり得ないということを心に留めておきましょう。
結婚は互いの気持ちが一番大切です。
しかし次に身近な存在になる互いの親の存在も疎かにしてはいけません。
婚活をしながら、どんな結婚をしたいと考えているのか、どんな人とデートを重ねているのかといったことを話したりして、時には意見を求めてみましょう。
気にしすぎることはありませんが、忘れてはいけない存在ですよ!
夢(目標)を持ち、叶えたいと強く願い、実行することで、夢(目標)を叶えられます。
出会いが無い、理想の相手がいない、交際に至らない、続かない、恋愛感情が湧かない、相手の気持ちがわからない!とお悩みでしたら、無料カウンセリングであなたのお悩みお聴き致します、どうぞお気軽に、当"結婚相談所 ベイビーズ・ブレス Baby's breath"の、無料カウンセリング(男性)無料カウンセリング(女性)またはお問合せまでご連絡下さい。